売却実績No.1のハウスウェル

空き家の売却・活用方法をお考えの方へ|さいたま市の中古物件【不動産売却・売却査定】ならハウスウェル

空き家
売却・活用方法をお考えの方へ

ハウスウェルの強み
相談件数・成約件数

9588

974

●相談件数(年間)

9588

●成約件数(年間)

974

こんなお困りごと
ありませんか?

親が住んでいた家が空き家になった

高額のリフォーム
費用が捻出できない

空き家なのに固定資産税を払っている

遠方のため手入れができず放置してしまっている

親が住んでいた家が空き家になった

どんな空き家・空き地でもおまかせください!

  • メリット
    1

    ハウスウェルなら、
    お持ちの空き家・空き地をスピード査定、
    スピード買取(即金買取)
    が可能です!

  • メリット
    2

    空き家・空き地などの
    案件に
    数多くの実績
    あります。

  • メリット
    3

    独自の査定基準!
    買取価格に自信があります。

さらに!売却・買取以外の

空き家の適切な
有効活用方法

ご提案できます!

賃貸活用
賃貸活用

賃貸に出す場合、家賃相場や賃貸需要があるかどうか、リフォームが必要かどうか、立地や建物の状態などもプロの目線で総合的に判断し、ご提案いたします。また、ハウスウェルでは戸建て賃貸だけでなく、宿泊施設として提供する民泊事業や、更地にして賃貸住宅や賃貸マンションを新たに建設するなど、幅広いご提案が可能です。

リフォーム・リノベーション
リフォーム
リノベーション

専門のリノベーション事業部があるから安心!家の構造を熟知した弊社ならではのリフォームのご提案をいたします。お見積もりはもちろん無料です。

空き家管理サービス
空き家管理サービス

住宅管理の専門家が、あなたの大切な資産をお守りします。空き家放置による防犯・防災などのさまざまな問題にもしっかりご対応いたします。

空き家売却をお考えなら
ハウスウェル

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店
ご注意ください!

空き家の放置
固定資産税が 6倍になる
可能性が・・・!?

1年以上活用しないまま空き家を放置した場合、空き家対策特別措置法の「特定空き家」に指定されます。
「特定空き家」と指定されると、罰金等処罰の対象になり、それに応じない場合は固定資産税を従来の6倍に設定されるという法案が設けられました。
この法案は、災害や老朽化による倒壊の危険性、犯罪の誘発の可能性や、衛生問題など周辺環境に与える悪影響など、
地域にとってリスクの高い空き家問題を解決するため設けられました。

空き家の所有者は、近隣エリアが安全に暮らせるように管理が必要です。
まず、市町村は、管理されていない空き家の所有者に対して、適切な対応をするように指導や勧告を行います。もし、所有者が行政の働きかけにも応じない場合には改善命令、最終的に「特定空き家」の指定を出します。
特定空き家に指定された不動産は、50万円以下の罰金を科せるほか、解体のため行政代執行も可能に。なお、行政代執行による解体費用は、所有者負担となります。

空き家の放置で固定資産税が6倍になる可能性が・・・!?

罰金や行政代執行といった最終段階を迎えないためには、行政の指導や勧告に従って、
早めに空き家の処分や活用を模索する必要があります。

不動産売却実績

result


売却実績をもっと見る

どんな物件でもお気軽に
お問い合わせください!

空き家・空き地の売却

豆知識

”増え続ける空き家”

全国の空き家数は、核家族化や地方の人口減少など、さまざまな理由で増加中です。2013年時点のデータでは、全国の住戸のうち空き家数は13.5%。今後も増加が予測されています。
空き家が増えると、火災の延焼や震災や老朽化による倒壊、野良猫や害虫による衛生問題、不法侵入やゴミの不法投棄による犯罪や放火を招きやすいといったその地域に多様なリスクが生まれます。
また、土地が活用されない状態は、社会経済にとってもマイナスです。地域活性化にも影響があるほか、住民税の減少、都市計画の遅れなど、地域行政にもネガティブな問題が発生するのです。
戦後、急速に核家族化が進んだ日本では、子が独立して都会で住まいを構えるケースが増えてきました。もともと日本では長男が家を継ぐ慣習があったものの、実家を相続しても土地や建物が不要になることが少なくなく、処分されないまま放置する家屋が増えています。
また、親の死後、家を兄弟姉妹で相続する際に、分割方法で話し合いがつかず、売却ができないまま空き家状態になっている家も少なくありません。相続でトラブルが発生すると、不動産の処分が宙に浮いてしまって、空き家のまま何年も経ってしまうのです。
空き家対策特別措置法によって、空き家を放置していると多額の固定資産税が課税されるほか、行政処分の対象になる可能性もあります。相続した場合は、早めに今後の活用方法や処分の見通しを検討しましょう。

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店