売却実績No.1のハウスウェル

住み替え・買い替えで不動産売却をお考えの方へ|さいたま市の中古物件【不動産売却・売却査定】ならハウスウェル

住み替え・買い替え
不動産売却をお考えの方へ

ハウスウェルの強み
相談件数・成約件数

12451

992

●相談件数(年間)

12451

●成約件数(年間)

992

こんなお困りごと
ありませんか?

住宅ローンの残債どうしよう…

買い替えの流れがわからない…

資金が確保できるか心配だ。

居住中でも売却に出せるの?

point01

エスクローサービスで
安心・安全の資金確保ができる!

エスクローサービスで 安心・安全の資金確保ができる!

不動産売買における資金計画・税金計算・決済管理を専門的に行えるエクスローの部署があるから、お金の不安・疑問にも何でもお答えすることが可能です。

point02

購入も、賃貸も。ご売却後の
住まいをご提案できます!

購入も、賃貸も。ご売却後の住まいをご提案できます!

ハウスウェルなら、仲介売上NO.1の実績がございますので、お客様の資金状況やご希望に合わせた住まいのご提案やサポートが可能です

住み替え・買い替えで売却をお考えならハウスウェルへ!

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 年中無休
Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店

住み替えの流れ

住み替えで大切なのは、売却と購入のどちらも上手に進めること。
ただ、どちらを優先する流れを選ぶかによって、メリットやデメリット、注意点が変わってきます。

売却先行の場合

メリット

売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、購入物件が立てやすくなります。

デメリット

・購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないこともあります。
・先に売却できても引越しまでに新居が決まっていないと、その間仮住まいをしなければなりません。

購入先行の場合

メリット

購入したい物件が先に決まると、仮住まいなどの無駄な費用の発生がなくなり引越しもスムーズです。
・じっくりと希望条件に合った物件を探すことができます。

デメリット

・売却のめどが立たないと、ローンを二重に支払われなければならない場合も想定あります。

住み替え・買い替え売却実績

result


売却実績をもっと見る

住み替え・買い替えの
不動産売却コラム

column


「住み替え」の不動産売却コラムをもっと見る

タグ一覧

住み替え・買い替えで売却をお考えならハウスウェルへ!

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 年中無休
デザイン注文住宅・新築戸建・リノベーションも承っています!デザイン注文住宅・新築戸建・リノベーションも承っています!

どんな物件でもお気軽に
お問い合わせください!

住み替え・買い替えの売却

豆知識

”売却先行か購入先行かはあくまで目安”

実際の買い替えでは、売却先行と購入先行の流れは、途中で入れ替わりながら話が進んでいきます。
たとえば、売却先行で考えていても、理想的な新居の確保が先に決まりそうなこともあるでしょう。また、新居探しを続けている最中に、有利な条件で今の住まいの売却話が進むかもしれません。
売却が先か、購入が先かは、あくまでどちらかを選んですべてうまく話が進んだらということ。現実には、売却がいつまでたってもうまく進まないこともあり得ます。
どちらを優先するかといえば、やはり不動産業者や買い手といった第三者が絡んでくる売却を選びましょう。新居の購入はしばらく仮住まいをしたり、先延ばしにしたり、ある程度調整が効きます。しかし、できるだけ有利な条件で売却するには、買い手との出会いやタイミングが非常に大切だからです。
また、最悪のケースは、購入先行で新居は買ったものの、売却話が途中で頓挫して、買い替え資金のアテが外れてしまうこと。こうなると、自己資金の追加だけでは今の住まいの住宅ローンの完済も、新居の購入資金の支払いも難しくなるので、とくに注意しましょう。

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店