売却実績No.1のハウスウェル

転勤による戸建ての売却・管理でお困りの方へ|さいたま市の中古物件【不動産売却・売却査定】ならハウスウェル

転勤による戸建て
売却・管理でお困りの方へ

ハウスウェルの強み
相談件数・成約件数

12451

992

こんなお困りごと
ありませんか?

急な転勤で戸建て売却を
急がなければいけない

数年離れなければならないが
戸建てを売りたくない・・・

買ったばかりの戸建てなので
できるだけ高く売りたい

戸建てに戻ってくるまでは
賃貸にし副収入を得たい

ご希望に合わせたプランを
ご提案いたします!

スピーディな戸建て
売却・買取のご提案
「急な転勤……。急いで自宅戸建てを売らなくては」

そんなときは、埼玉県不動産売却専門館にお任せください!
埼玉県の中古戸建て売却実績豊富な当社なら、早期ご売却のお手伝いが可能です。お客様のご希望にしっかりと耳を傾け、理想的な売却の実現をサポートいたします。

安心の「買取保証制度」もご利用いただけますので、万が一、仲介売却が成立しなかった場合も安心です。当社が直接買い手となり、お客様の大切な戸建てを買い取らせていただきます。
管理込み!戸建てを
「賃貸」として活用
「急な転勤で引っ越すことになったが、思い出のつまった戸建てを手放したくない……」
「期間限定の赴任。いずれは戻って戸建てに住むことになるが、その間戸建てをどうしよう?」

このようにお悩みの方には、賃貸としての戸建て活用がおすすめです。

当社では不動産売却だけでなく、賃貸物件の管理サービスにも対応しております。入居者募集から入退去時のフォロー、家賃集金業務まで、賃貸管理の面倒な管理をトータルサポート。
多彩なサービス内容で、はじめての戸建て経営をお手伝いします!

転勤時の戸建て売却・管理でお困りならハウスウェルへ!

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 年中無休

転勤で戸建てを離れるなら売却と賃貸どちらがお得?

転勤によって長期間戸建てを離れる場合、売却・買取か賃貸に出すか等の選択肢があります。
売却・買取の依頼をするケースと賃貸に出すケースのメリットデメリットを把握しておきましょう。
戸建て売却・戸建て買取
メリット・デメリット

転勤による戸建て
売却のメリット

まとまった資金が手に入る!

住宅ローンを完済している場合や、売却代金がローン残債を上回る場合は、売却によりまとまった資金が手に入ります。
通常、転勤にともなう引越し費用は会社が負担してくれますが、それでも引越し前後はなにかと物入りになるものです。新居の間取りに合わせて家具・家電を買い替える必要があったり、会社によっては引越し費用の支給額に上限が設けられていたりもします。自宅戸建てを現金化すれば、そんな引越し時の出費に備えられます。

築年数が古く、売却益がそれほど見込めない場合でも、住宅ローンの支払額を減らせるのは大きなメリット。まとまった現金が手元に入ってくることで、新生活のさまざまな不安を軽減できるでしょう。

管理・維持の手間やコストがかからない

いつか転勤先から戻ってくる可能性を考えて、「現在の住まいをそのまま残しておきたい」と考える方もいるでしょう。しかし不動産は、住んでいなくとも、管理・維持のためにさまざまなコストが発生します。

例えば、住まいの劣化を防ぐためには、空気の入れ替えや清掃が欠かせません。また、コスト面でいえば、共益費や固定資産税の負担もあります。
遠方に転勤するとなれば、定期的に戸建てを訪れて管理をするのも一苦労。新天地で慌ただしく暮らしているうちに、いつの間にか足が遠のいてしまうケースも多いでしょう。

自宅戸建てを売却すれば、こうした管理・維持の手間やコストから解放されます。残してきた家の状態やランニングコストを気にすることなく、前向きな気持ちで新生活をスタートできるでしょう。

新しい住まいの選択肢が広がる

戸建てを現金化すれば、新しい住まいの選択肢がぐっと広がります。
ローン返済後に手元に残ったお金は、新しい家の購入資金にあてることも可能です。資金計画に余裕が生まれるため、転勤先でより理想的なマイホームに住み替えることができます。

また、数年後に現在の居住エリアに戻ってくる場合も、より条件の良い住まいを新たに購入できる可能性があります。このように住み替えの資金計画が立てやすくなるのも、売却の大きなメリットといえるでしょう。

転勤による戸建て
売却のデメリット

スケジュールが慌ただしくなる

戸建てを売却するためには、不動産会社との打ち合わせや購入希望者の内覧対応など、するべきことがたくさんあります。無事に買い手が見つかっても、今度は引き渡しに向けてさまざまな手続きを進めなければなりません。

ただでさえ、転勤にともなう引き継ぎ業務や引越し作業があるなか、戸建ての売却活動までこなすのはなかなか大変なもの。引越し時期と引き渡し時期を調整する必要もあるため、どうしても慌ただしいスケジュールになりがちです。

できるだけ手間を減らしつつ売却するなら、不動産会社による「買取サービス」を利用するのもおすすめです。不動産会社が直接買い手となるため、スムーズな現金化を実現できます。

オーバーローンに陥る恐れがある

売却代金がローン残債を下回ってしまう状態を「オーバーローン」と呼びます。
オーバーローンは、戸建ての売却代金をすべて使っても、住宅ローンを完済できない状態です。転勤先で新しい家の賃料やローンを払いながら、残りの住宅ローンも返済し続ける必要があります。

特に、会社から急な転勤を命じられた場合は、住宅ローンがまだたくさん残っている場合も多いでしょう。実際に、売却代金に貯蓄額を加えてもローンを完済できないケースは珍しくありません。

まずは不動産会社に相談して、自宅戸建てがどれくらいの価格で売れるのか、調べるところからはじめましょう。

転勤から戻ってきた際に住む家がなくなる

全国各地に支社を持つ会社では、数年ごとに転勤を繰り返すケースも珍しくありません。
また、会社の方針によっては、いずれ戻ってくることを前提に転勤を命じられることもあるでしょう。自宅戸建てを売却すると、いつか転勤先から戻ってきたときに住む家がなくなってしまいます。

もちろん、いまより理想的な物件に巡り会える可能性もありますが、そうでないケースもあります。現在の住まいに強い思い入れがある場合は、売却以外の選択肢も視野に入れるとよいでしょう。

戸建てを貸すときの
メリット・デメリット

転勤による戸建て
貸出のメリット

本業+αの副収入を得られる

自宅戸建てを賃貸物件として貸し出せば、家賃収入として毎月一定の副収入を得られます。特に、築浅物件や駅近物件は需要が高いため、入居希望者も比較的カンタンに見つかるでしょう。

ただし、住宅ローンが残っている場合は、金融機関の同意を得る必要があるため注意が必要です。転勤などのやむを得ない理由があれば、賃貸として貸し出すことを認めてもらえる可能性は十分あります。

家賃収入を住宅ローンの返済に使うこともできるため、「自宅戸建てを維持しつつも、住宅ローンの返済負担を軽くしたい」という方におすすめです。

売却費用がかからない

戸建てを売却する場合は、不動産会社への仲介手数料や司法書士への依頼料など、さまざまな費用が発生します。なかでも、不動産会社への仲介手数料は戸建ての売却代金に比例するため、高額なお取引ほど売却費用がかさむ傾向にあります。

戸建てを賃貸物件として貸し出せば、こうした売却費用は一切かかりません。また、売却費用を抑える方法として、仲介手数料のかからない「不動産売却」もおすすめです。

物件を手放さずに済む

「売却」の場合は戸建ての所有権が購入者に移りますが、「賃貸」なら戸建ての所有権はお客様のまま。転勤先で新しい暮らしをスタートしたあとも、思い入れのある戸建てを手放さずに済みます。

また、数年以内に転勤先から戻ってくる予定がある場合は、自宅戸建てを所有し続けるほうがトータルの出費を抑えられる可能性があります。家賃収入で住宅ローンを返済し、転勤先では賃貸物件で暮らすようにすれば、かかる費用は転勤先の賃料のみ。持ち家があるという安心感を得ながら、家計の負担を減らすことも可能です。

いずれ戻ってくる予定があるなら、「普通借家契約」ではなく「定期借家契約」を選ぶのがおすすめ。契約期間の終了とともに確実に退去してもらえるため、転勤先から戻ってきたときに再びもとの家で暮らすことができます。

転勤による戸建て
貸出のデメリット

入居者がすぐに見つかるとは限らない

築年数が経過していたり、立地条件が悪かったりする物件は入居者が集まりにくいとされています。また、築浅で条件の良い物件でも、周辺エリアのニーズに合っていなければ入居者がすぐには見つからない恐れがあるでしょう。

もちろん、入居者がいなければ家賃収入も発生しないため、物件のローン返済や管理・維持のためのコストだけがかかり続けることになります。

やみくもに戸建てを賃貸に出しても、かえって赤字になってしまうリスクが高まります。安定的な家賃収入を得たいなら、賃貸管理のプロにアドバイスをもらうのが一番の近道!まずは、賃貸管理を得意とする不動産会社に相談してみましょう。

ランニングコストが発生する

賃貸物件として第三者に貸し出していても、不動産を所有する限りは固定資産税や都市計画税などの税金が課せられます。

また、転勤で遠方に引っ越す場合、オーナー様ご自身が戸建ての管理業務を行なうのは容易ではありません。ほとんどの場合は、管理会社に費用を支払って、管理業務に委託することになるでしょう。

このように、賃貸経営にはさまざまなランニングコストが発生します。戸建てを賃貸として貸し出す場合は、どのようなコストが発生するのかを把握したうえで、綿密な収支計画を立てましょう。

入居者とのトラブルが起きる恐れがある

どれだけ入居審査を厳しくしても、入居者とのトラブルが起きるリスクはゼロではありません。家賃滞納や近隣トラブル、部屋をキレイに使ってくれないなど……。第三者に戸建てを貸すことで、オーナー様が不利益を被る恐れもあるのです。

特に、転勤にともなう貸し出しの場合は、オーナー様が遠方にいらっしゃることも少なくないでしょう。なにかトラブルがあってもすぐに駆けつけられないぶん、信頼できる不動産会社に管理を任せることが大切です。

戸建て売却の流れ
1

まずは、不動産会社に査定を依頼しましょう。ご自宅がどのくらいの価格で売れるのかを把握することで、最適な選択肢を選べるようになります。また、住み替えの資金計画を立てる際にも役立ちます。

2

査定額に納得できたら、不動産会社と媒介契約を締結します。媒介契約とは、不動産会社が売却活動を行なう際のルールを決めたものです。

3

いよいよ、不動産会社が売却活動をスタートします。不動産情報ポータルサイトや折込チラシなど、さまざまな媒体を駆使してお客様の物件の魅力をアピールします。

4

購入希望者との条件交渉は、不動産会社にお任せください。売主様・買主様双方が売買条件にご納得したのち、不動産会社立会のもとで売買契約を締結します。

5

契約書に記載のスケジュールにて、物件を引き渡します。売却代金を受け取り、鍵を渡したら引き渡し完了です。当社では専門家との豊富なネットワークを活かし、手続き関連のサポートも行なっています。

転勤時の戸建て売却・管理でお困りならハウスウェルへ!

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 年中無休
Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店

不動産売却実績

result


売却実績をもっと見る

どんな物件でもお気軽に
お問い合わせください!

転勤による戸建て売却

豆知識

”転勤前or転勤後 戸建て売却のタイミング”

転勤にともなう戸建て売却では、戸建てを売却する“タイミング”が非常に重要です。
売却のタイミングとしては、「転勤前に売却する」「転勤後に売却する」という2つのパターンが考えられます。それぞれ異なるメリット・デメリットがあるので、ご自身の状況に合わせて最適な方法を選択しましょう。

・戸建てを転勤前に売却する
最も大きなメリットは、資金計画を立てやすい点です。売却額が確定してから新居へ移るため、売却代金を組み込んだ資金計画を立てられます。住み替えや賃貸契約など、転居先での住宅コストに不安がある場合は、転勤前に売却を進めるとよいでしょう。

また、遠方へ引っ越す前に売却活動をスタートできるため、不動産会社や購入希望者との対応がとりやすいところもメリットです。
ただし、転勤前に売却を完了させる場合は、バタバタとしたスケジュールになりがち。引越し期日というタイムリミットがあるため、急いで売却活動を進める必要があります。

・戸建てを転勤後に売却する
一方、スケジュールに余裕を持てるのが転勤後の売却です。転勤前に売却する場合とは異なり、「この日までに必ず売却しなければならない」というタイムリミットがないため、売却を急ぐ必要がありません。余裕を持った売却活動が可能なため、より好条件での売却を目指すこともできるでしょう。

ただし、住宅ローンが残っている戸建てを売る場合は、旧居のローンと新居のローン(または賃料)を二重に支払う必要があります。また、契約や引き渡しなどの手続きのたびに戻ってこなければならないため、遠方や海外へ転勤する場合はあまりおすすめできません。

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店