売却実績No.1のハウスウェル

不動産業の新たな建築事業|不動産売却コラム|さいたま市・埼玉県の不動産売却はハウスウェル

不動産売却コラム

result


< コラムの一覧へ戻る

不動産業の新たな建築事業

今回は不動産開発に強みを持つ不動産業者についてご紹介します。
大手を中心に不動産業と建設業をセットで行っているケースが増えています。「デベロッパー」と呼ばれる不動産開発に強みを持つ不動産業者はその代表例です。

今回は不動産開発に強みを持つ不動産業者についてご紹介します。


 
デベロッパー・ゼネコンとは

 

デベロッパーは、土地やマンション、リゾート地、ショッピングモールやニュータウンなど、それまでにない新たな住宅街や商業エリアを開発する不動産業者です。

不動産業というと賃貸や新築・中古物件の仲介をするイメージが強いですが、都市開発や宅地開発、マンション開発などより大規模な企画を通して建築と販売を行います。

他方、エネコンとは、デベロッパーが企画開発する事業をかたちにする大手建設業者です。都市や宅地造成、マンションや商業施設の建築をデベロッパーから請け負います。

デベロッパーの下請けとして建築する場合もあれば、デベロッパーとゼネコンが共同で企画開発するケースもあります。
このように、デベロッパーとゼネコンの関係性、そのまま不動産業と建設業の建築を巡る関係をよく表していると言えるでしょう。


リース建築の登場

デベロッパーやゼネコンとが違った不動産業と建設業のマッチングもあります。土地活用のため賃貸マンションのリース建築を引き受ける不動産業者です。
空地に賃貸マンションや賃貸アパート、貸店舗などリース物件の設計・建築を提供。完成したリース建築は引き渡し後もその不動産業者が管理します。

土地オーナーは家賃収入を見込んで空き地を活用するため賃貸不動産を手にできるだけでなく、建築を請け負った業者が管理まで行うことで、家賃という定期収入を確保できます。毎月入居率に合わせて決まった家賃が入ってくる不動産収入は、人気の投資分野となっています。また、土地を所有したまま節税効果も期待できます。とくに相続税では、土地や建物をそのまま受け継ぐよりも、賃貸物件のほうが控除額が高いぶん、納税額が少なくて済むケースが大半です。このように、空地にしておくより積極的な土地活用をするほうが、長期にわたって魅力があるのです。

また、リース建築を扱っている不動産業者は賃貸物件の建築を請け負ってオーナーに引き渡してから、入居率アップを目指して営業を行います。不動産業の窓口で仲介することで、自社のてがけたリース建築の物件を優先的に紹介してもらえるメリットもあります。

このように、リース建築事業会社では、土地の有効活用やリース建築計画を土地オーナーに提案する営業部門、土地の土木工事から建物の建築設計や施工まで行う建築部門、完成した賃貸物件を効率よく入居者を取り込む仲介や賃貸管理を行う仲介部門といった3つのジャンルをまとめて展開しているのです。

デベロッパーやゼネコンとが違った不動産業と建設業のマッチングもあります。土地活用のため賃貸マンションのリース建築を引き受ける不動産業者です。

 

空地に賃貸マンションや賃貸アパート、貸店舗などリース物件の設計・建築を提供。完成したリース建築は引き渡し後もその不動産業者が管理します。

 

土地オーナーは家賃収入を見込んで空き地を活用するため賃貸不動産を手にできるだけでなく、建築を請け負った業者が管理まで行うことで、家賃という定期収入を確保できます。毎月入居率に合わせて決まった家賃が入ってくる不動産収入は、人気の投資分野となっています。また、土地を所有したまま節税効果も期待できます。とくに相続税では、土地や建物をそのまま受け継ぐよりも、賃貸物件のほうが控除額が高いぶん、納税額が少なくて済むケースが大半です。このように、空地にしておくより積極的な土地活用をするほうが、長期にわたって魅力があるのです。

 

また、リース建築を扱っている不動産業者は賃貸物件の建築を請け負ってオーナーに引き渡してから、入居率アップを目指して営業を行います。不動産業の窓口で仲介することで、自社のてがけたリース建築の物件を優先的に紹介してもらえるメリットもあります。

 

このように、リース建築事業会社では、土地の有効活用やリース建築計画を土地オーナーに提案する営業部門、土地の土木工事から建物の建築設計や施工まで行う建築部門、完成した賃貸物件を効率よく入居者を取り込む仲介や賃貸管理を行う仲介部門といった3つのジャンルをまとめて展開しているのです。

 

不動産物件の取引には、不動産業者と関わりの深い宅建業法や借地借家法をはじめさまざまな法律や税制が複雑に絡んできます。不動産業者も全般的に関係する知識は持っていますが、それぞれの専門家かどうかはまた別の話です。

基本的に、不動産業者は土地や建物の売買や仲介、物件管理などを行っています。そのため、不動産の所有権や登記など物件に関わる権利や義務については詳しい一方、建築や税金についてはあまり知らない場合も少なくありません。

とくに建築は一級建築士をはじめ専門資格があって、実績のある不動産屋でも建築事務所や建設業者ほどの知識やスキルはないと思っていていいでしょう。

だからこそ、不動産業者を選ぶときには、建築や税務まですべて任せるのではなく、不動産取引のプロであるかどうかを見極めるのが大切です。

不動産業者の真価は、法律関係が複雑になる土地や建物の権利関係を整理して、スムーズに取引を進める力を発揮すること。逆にいえば、そのために必要な土地の条件や建築構造の法律、税金関係まで、きちんとした不動産業者なら、幅広く対応できるともいえるのです。

その取引に必要な手続きや情報がわかれば、不動産業者は建築のプロである建築士や税務のプロである税理士など、それぞれの専門家に相談して、適切なアドバイスを仰ぎます。つまり、どの問題をどこへアドバイスを求めれば良いのか、そのポイントを判断できることが不動産業者の力量ともいえるでしょう。

まとめ


・不動産業と建設業は別々のジャンル

・最近は不動産業と建設業の連携やマッチした企業も登場

・不動産業者は建築のプロではない

・不動産取引で不動産業者は建築など多分野の窓口になる存在

 

不動産業は建設業をはじめ税務や法律など、さまざまなジャンルと密接に関わっています。つまり、お客様とダイレクトに窓口となって不動産に関する取引をサポートする不動産業者こそ、不動産取引とは何かをよく知る存在です。取引全体を見渡して、適切な対応をして、お客様が余計な心配をしなくても良いようにわかりやすく説明をして、仲介や取引を行うかどうかが大切となってきます。

とくに建築関係の問題は、不動産業者だけではカバーできないこともしばしばです。業界全体を見渡すことのできる経験豊富な不動産業者の窓口との出会いが、安心安全な不動産取引をリードします。

 

弊社では、ハウスウェルの建築で、理想の住まいを実現するために
土地のこと、ローンのこと、今の住まいの事ハウスウェル全体で理想の家づくりをサポートします。
詳しくは弊社のHPをご覧ください




弊社でも専門部署がございますので建築をご紹介できます。
専門的な知識も多く必要となってきますのでお気軽にご相談ください


不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 年中無休

新着コラム

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店