売却実績No.1のハウスウェル

築30年以上の「古い家」でも売れる!売却のための3つのポイント|不動産売却コラム|さいたま市・埼玉県の不動産売却はハウスウェル

不動産売却コラム

result


< コラムの一覧へ戻る

築30年以上の「古い家」でも売れる!売却のための3つのポイント


築年数が30年以上の古い家。「本当に売れるの?」と不安ですよね。でも、築年数が古いだけで資産価値がないと判断するのはまだ早い!

築年数が古くても売れる家にはそれなりの理由があります。この記事では、築年数が30年以上の家を売るために知っておきたい3つの重要ポイントを解説していきます。ぜひ参考にしてみてください!


 

1. 築年数30年以上でも売れる家の条件とは



築年数が30年以上の家を売るためのポイント1つ目は、土地や修繕状況などの「条件」です。



<

◎築年数が30年以上でも売れるマンションの条件◎


  マンションの売却価格は土地と専有部分で決まります。マンションの築年数は売却価格に大きな影響を及ぼしますが、土地には減価償却がないため、地価公示価格が極端に下落しない限り資産価値に大きな影響を及ぼすことはありません。

税法上、建物の耐用年数は鉄筋コンクリート造(RC造)では47年、鉄骨造では34年と定められていますが、実際は築50年、60年のマンションも存在します。築30年以上となれば、部屋の設備のほとんどを交換する必要があるでしょう。

しかし、古いマンションでも、都市部で人気のエリアであれば買い手はすぐに見つかります。駅から近く施工会社が大手で名の知れたマンションも人気です。築年数に関係のない「人気のエリア」という魅力は変わらないので、売れやすい傾向にあります。

また、築30年を超えるとマンションの大規模修繕が必要になる時期。大規模修繕直後の物件は資産価値が上がる傾向にありますので、売却のタイミングとしては絶好のチャンス!マンションの管理組合が漏れなく修繕積立金を積み上げてきているかどうか、滞納者がいないかどうかを聞いてみるのもよいでしょう。

定期的にリフォームをおこないマメに手入れやメンテナンスをしている物件は、さらに査定額が上がる可能性があります。過去のリフォーム履歴は売却の際に必要になるので、一式揃えておきましょう。


 

◎築年数が30年以上でも売れる戸建ての条件◎


  戸建ては土地と建物がセットとなります。税法上、木造住宅の耐用年数は22年と定められており、それを超えると上物としての資産価値は実質ゼロ。「築30年以上の戸建てを売る」というより、「家付きの土地を売る」といった表現のほうがしっくりくるかもしれません。

土地自体に魅力がある場合は、建物がどんなに古くても買い手を見つけるのは難しくないでしょう。なぜなら、中古戸建てはカスタマイズがしやすいからです。最近は古い戸建てを安く購入してリノベーションやDIYを楽しむ人が多くなってきています。ライフイベントに応じて好みの家を再生するのも自由で楽しいですよね!

土地の形状はシンプルな四角形が売れやすいですが、再建築不可の場合は要注意。また、広すぎる土地は需要が少ない傾向にあるため、分筆できるかどうか確認が必要です。建築協定によって分筆不可の場合はそのまま売るしかないからです。

売れる戸建ての条件は、「資産価値のあるシンプルな形状の土地とシンプルな間取りであること」。一般的に売れにくいとされている二世帯住宅でも一定層には需要がありますので、まずは査定に出してみることをおすすめします。


 

2. リフォームより断捨離!モノを少なく見栄えのよい部屋に



築年数が30年以上の家を売るためのポイント2つ目は、「モノを少なくしてきれいに掃除しておくこと」です。


 

◎自己判断でリフォームをしない◎


「高く売れるのでは」と先回りしてリフォームにお金をかける方がいますが、結論から申し上げると不要です。たしかに完璧にリフォームが施されて室内がピカピカの状態のほうが、買主にとっては印象がよいですよね!ただ、自己判断でリフォームをしてしまうと無駄な出費となってしまうことも。

リフォームは住む人のライフスタイルに応じておこなうもの。キッチンはガスコンロよりIHクッキングヒーターを好む人もいますし、床の素材や色の好みも人それぞれです。高く売ろうと考えてリフォームに時間とお金をかけるより、早く査定に出してより多くの買主を見つけるほうがよいでしょう。

不動産会社と相談のうえ、必要があれば買主との交渉に応じてリフォームをするかどうか柔軟に対応しましょう。


 

◎要らないモノは処分!断捨離をしよう◎


現時点でリフォームは必要ないとはいえ、ボロボロでお風呂場は水垢やカビだらけ、モノがあふれてごちゃごちゃの部屋は、誰でも買いたいと思えないですよね。内見までに不要なモノは処分してきれいな室内にしておきましょう。築年数の古い家はモノがどうしても多くなりがちですが、モノが少ないほうが部屋も広く見えますし、なにより引っ越しが楽!モノが多すぎて自分たちでは手が回らないという方は、片付け専門業者に依頼するのも選択肢のひとつです。

内見の連絡はいつ入るかわかりません。いつ誰が内見に来てもよいように、毎日の掃除を心がけましょう。とくに玄関は第一印象をよくするので常にきれいにしておくことをおすすめします。水回りやキッチンなどの手がかかる部分は、ハウスクリーニングを利用するとピカピカになりますよ!

クローゼットや押し入れの中も全部見られますので、「開かずの部屋」を作らないようにしてください。そして、買主からはいろいろな質問をされますので、その都度きちんと答えられるようにして気持ちのよい対応を心がけましょう。


 

3. できるだけ早く売ろう!信頼できる不動産会社の選び方



築年数が30年以上の家を売るためのポイント3つ目は、「信頼できる不動産会社を見つけること」です。


 

◎早く売るコツは地域密着型の不動産会社との出会いから◎
 

築30年以上の家を売ると決めたら、まず不動産会社に査定してもらう必要があります。売れるかどうかひとりで悩んでいるより、プロの力を借りたほうが早く進みます。

不動産の売却は平均して3ヶ月から6ヶ月くらいかかりますが、築30年以上の場合、条件によっては長期戦になることも覚悟しなければなりません。そのため、できるだけ早く売るためによい不動産会社やよい担当者と出会うことが重要です。

では、どうやって不動産会社を選べばよいのでしょうか?それは「地域密着型で売却の実績が多い会社を選ぶこと」。なぜ地域密着型の不動産会社がよいかというと、地域の不動産事情に詳しく、すでに見込み客を抱えていることも多いからです。見込み客がいればすぐに話がまとまり、「あっという間に売れた!」ということも。

まずはホームページの内容を見て、どのくらい取り扱い物件があるかを確認してみましょう。口コミの内容も要チェックです。


 

◎売買だけでなく幅広い業務内容である会社を選ぼう◎


不動産会社といっても「売買・賃貸・管理」と内容はさまざま。「ウチは賃貸しかやってないんです」という会社も少なくありません。

売買に力を入れている不動産会社を選ぶことはもちろんですが、他の分野にも長けていれば幅広いアドバイスをもらえることが期待できます。たとえば、管理にも力を入れている会社であれば格安なリフォーム会社を紹介してくれたり、賃貸にも力を入れている会社であれば一時的に住む家を紹介してくれたりすることも。

住み替えであれば、住宅ローンの相談や税金関係に詳しいファイナンシャルプランナーがいると心強いですよね!ぜひホームページのスタッフ紹介に目を通しておいてください。


 

まとめ



築年数が30年以上の家を売るためには、なんといっても信頼できる不動産会社との連携プレーが最重要です。「古いからどうせ売れない」と最初から諦める必要はありません。リフォームやDIYブームにより古い家を探している人も少なくないからです。

「できるだけ早く売りたい!」と思ったら、まずは信頼できる不動産会社を見つけることからはじめましょう。

スムーズな売却を成功させる最大の秘訣は、不動産会社選びです。この記事でご紹介したポイントを参考にして、築30年以上の家の売却を成功に導きましょう!

ハウスウェルなら古い家も安心して売却!ぜひご覧ください

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 年中無休

新着コラム

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店