売却実績No.1のハウスウェル

家の「住み替え」をスムーズにする3つのコツ ~損をしないお引越しを~|不動産売却コラム|さいたま市・埼玉県の不動産売却はハウスウェル

不動産売却コラム

result


< コラムの一覧へ戻る

家の「住み替え」をスムーズにする3つのコツ ~損をしないお引越しを~

今回は、家の住み替えをスムーズにおこなうために知っておきたい《3つのコツ》について解説します。実際に住み替えを検討したとき、「売却と購入のタイミングを合わせたい」「できるだけ仮住まいの期間を短くしたい」と考えますよね。

スムーズな住み替えの実現にはコツがあります。家の住み替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!


 

コツ1: 売却と購入は同じ不動産会社に依頼する

 


家を売却不動産会社に相談
住み替えをスムーズにする1つめのコツは、「売却と購入は同じ不動産会社に依頼すること」です。同じ不動産会社にすることで、スケジュールが立てやすくなりますよ。


 

①信頼できる不動産会社選びが重要


住み替えは売買を両方おこなうため、必然的に難易度が高まります。そのため、信頼できる不動産会社を選ぶことは重要です。

選び方としては、
・「売買実績が豊富であるか」
・会社の規模ではなく「住みたいエリアの情報に精通しているか」

に着目するとよいでしょう。また、媒介契約を結ぶ前に、広告手段や売却戦略が納得のいくものであるかも確認しましょう。

あらかじめ住み替え先の条件を伝えておくと、新着物件を紹介してくれることも。不動産会社任せにするのではなく、自ら積極的に動くことが住み替えの成功につながります!


 

②信頼できる担当者の見極めポイント


信頼できる担当者とは、「きちんと話を聞いて整理してくれる人」です。

住み替えはやることが多すぎて、パニックに陥ってしまうことも少なくありません。「いつまでに何をすればよいのか」を見える化し、状況に応じた提案をしてくれる担当者こそ、信頼できるといえるでしょう。

また、住宅ローンや税制にも詳しい担当者を選ぶことが重要。不動産取引の国家資格である「宅地建物取引士」の資格を持っているかも、見極めポイントのひとつです。

もし、媒介契約後に「報告が遅い」「疑問点を放置されている」ということがあれば、担当者を変えてもらうことも可能です。信頼できる担当者との出会いは、スムーズな住み替えに欠かせないポイントともいえるでしょう。


 

③買取も視野に入れた不動産会社を選択


住み替えを完了させるには、今の家を売却しないと「抵当権」を外すことができません。売却が思うように進まない場合は、不動産会社による買取も視野に入れることがスムーズな住み替えのコツです。

買取とは、不動産会社が今の家を直接買い取ってくれる制度のこと。「なかなか買い手が見つからない」という人にとって、買取制度をうまく利用すれば、売却活動の長期化を避けることができます。

一般の不動産仲介取引と比較すると、買取価格のほうが低くなってしまうというデメリットはありますが、確実に売却を行うことができます。いつまでに売りたいかによりますが、さまざまな角度から検討して不動産会社を選びましょう。


 

コツ2: 不動産の売買がしやすい時期におこなう

 


売るタイミングを狙う
住み替えをスムーズにする2つめのコツは、「不動産売買がしやすいタイミングを狙うこと」です。


 

①不動産売買が活発になるタイミングを意識する


不動産売買が動く時期は毎年決まっており、もっとも動く時期は2月から3月の年度末です。この時期は、転勤や子どもの進学のタイミングに合わせて一斉に売買がおこなわれるため、流通する物件数も比例して多くなります。

つまり、不動産売買が活発になるタイミングを意識してスケジュールを立てることが、スムーズな住み替えにつながるというわけですね!


 

②不動産相場が上昇トレンドの時期を狙う


不動産相場を見極めるのも重要。「売れどき」を狙うことで、買い手が見つかりやすくなります。

2021年6月現在、不動産相場はマンションを中心に上昇トレンドが続いています。「超低金利時代」と「不動産相場の上昇トレンド」という2つの条件が重なる今は、住み替えに適した時期なのです!

今後もこのトレンドが続くかわかりませんので、まめに新聞やニュースをチェックして、不動産関係の情報にアンテナを立てておきましょう。不動産の売買をスムーズにおこなうためには、情報収集は欠かせません。


 

③資産価値の高いうちに売却をおこなう


売却するときに気になるのが「いくらで売れるのか」ということですよね。住み替えをスムーズにおこなうためには、ある程度資産価値が高いうちに今の家を売ることが重要です。

とくに一戸建ての場合は、築20年を超えると建物の価値はほぼ「ゼロ」になってしまいます。なぜなら、一戸建ては木造であることが多く、マンションと比較すると資産価値が下がるスピードが速いからです。

一部の人気のエリア以外は、築年数が浅いうちに住み替えをおこなった方がよいでしょう。


 

コツ3: 綿密な資金計画を立てる


住替えをスムーズにするために資金計画を立てる
住み替えをスムーズにする3つめのコツは、「綿密な資金計画を立てること」です。事前に手元資金や住宅ローンの残債を確認して、20年、30年先までの資金計画を立てましょう。

物件の売買代金だけでなく、住み替えにかかる諸費用を多めに見積もっておくことが重要!お金のプロに相談するのもおすすめです。


 

①「買い先行」の場合は余裕のある資金計画を


「買い先行」の場合、売却代金が確定する前に新居を購入します。万が一住み替えがスムーズにできなかったときはダブルローンの期間が長くなってしまいますので、余裕のある資金計画を立てておきましょう。

ダブルローンの期間が長引くと、思った以上に負担が重くのしかかります。簡単なリフォームをして競合物件に差をつけるのもコツ!空き家の状態は売りやすいので、早く高く売るためにひと手間かけるのもポイントです。


 

②「売り先行」の場合はローンの残債に注意


「売り先行」の場合、売却代金が確定するので堅実な住み替えに適しています。スムーズな住み替えのためには、「売り」も「買い」も同時並行で進めて、できる限り近いタイミングで売買がおこなえるようにスケジュールを組むとよいでしょう。

必ず確認しておきたいのが「住宅ローンの残債と売却価格の金額」です。ローンの残債のほうが上回ってしまう場合、差額分を自己資金で準備するか、住み替えローンなどを活用する必要があります。


 

③住み替えローンやつなぎ融資の活用も検討しよう


住み替えの際に売却代金で住宅ローンの残債を返済できなかった場合は、住み替えローンやつなぎ融資などを活用することで資金繰りができます。ただし、住み替えローンやつなぎ融資は審査が厳しく、取扱い金融機関も少ないといったデメリットも。

うまく活用すれば、仮住まいすることなくスムーズな住み替えが実現できますよ。


 

まとめ

 


住み替えは多くの手間や時間がかかるもの。しかし、「3つのコツ」をおさえておくとスムーズな住み替えができる可能性が高まります。

スムーズな住み替えを目指すために、まずは信頼できる不動産会社に相談してみることからはじめましょう。

ハウスウェルでスムーズな住み替えを実現!ぜひご覧ください

不動産の価格を知りたい・売却を依頼したい

無料売却査定を依頼する

分からないことを相談したい・まずは資料が欲しい

無料まずはプロに相談をする

0120−2103−07

営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 年中無休

新着コラム

Zoomでオンライン来店Zoomでオンライン来店